桃ぶろぐ

新生FF14・Fenrir鯖でプレイする白魔導士・学者・占星術師のうっかり日記。

だまし討ちって何? ←毎度のいまここ

 
昨日、妖怪ウォッチイベントでめでたく戦士がLv60、カンストしました。

コラボイベント、ありがてぇありがてぇ。

これでタンク3ジョブがカンストとなりましたので、

これからのFATEは全て残った未カンストジョブの近接3職で行かなくてはいけなくなってションボリ。

軽い効率厨病にかかっているので、残りのメダルを集めるのはやっぱりレベリングを兼ねたい。

近接でFAとれるのか!!!???

てか、その前にMOBの範囲で死ねる自信があるよ!!!!!



ffxiv_20160801_224945.jpg

ディープダンジョンの経験値がうまいので、

忍者でレベリングを兼ねて行ってみました。

Lv48だったのがあっという間にLv50に。





何やっても上手なFCリーダーに引率してもらい、

ボイスチャットでご指導いただきながら進めましたが、

ゴリゴリとレベルがあがるディープダンジョン、次々と覚える知らないスキルに

頭が?????? です。

やっと風遁(ふうとん)使えるようになったレベルの中の人、

それ以降は全く未知の世界です。

以下、阿鼻叫喚かつ笑える(もしくは笑えない)エピソード類をご披露。




1)スタン・・・?

ディープダンジョン、巡回MOBによる全滅が一番怖いですよね。

昨日は スカステ(目が光ってるフクロウで睡眠かましてくるやつ)徘徊フロアに到達したら、

先生「桃さん、スタン準備ね」

私「へっ!?」

あるぇ?どうするんだっけ、何かを切り替えてスタンするんだったような・・・

あー、毒よ、毒、蜂毒にしないといけないんだった切り替えてっと・・・

スカステ「チャーーーーブ!」

全員「スヤァ zzz...」


あっ、また来た! 大丈夫今度は蜂毒になってる!!!

チャーブきた!止めるぞおおおおお!!!

あるぇ?どのスキルがスタンになるんだっけ???

全員「スヤァ zzz...」


3匹目きたぞぉぉおおぉぉ!!

今度こそ止めるぞぉぉおおぉぉ!!

スカステ「チャーーーーーブ!」

私「ぽちっ!」←バッチリだと信じている

全員「スヤァ zzz...」

先生「桃さん、間に合ってないからw」

ま、こんな感じでした。

全滅しなくてよかったDEATH。






2)なんで隠れてるの?

たまたまPTは、もう1人マッチングで忍者さんが来てました。

MOB攻撃する前に「かくれる」でハイドして近づいていく忍者さん・・・なぜだ?

(カッコつけてんだろ、きっと、そうだきっと。)

私「なんで隠れるん?」

先生「火力あがるから」

私「あ、はい、すみません」

先生「だまし討ち覚えたらよろしくね!」

私「なんですかそれ?(;^ω^)」








3)これが噂の「だまし討ち」

レベル上がって、フィールドではまだ使ったことのない「だまし討ち」を覚えました。

そういえば、Min Minさんがいつも「だまし討ち」って言ってた記憶だけはあります。

なんだろう、なにかしら。

ディープダンジョンで使ったことのないスキルを覚えると、

スキルの説明を読みながらダンジョン内を進むので、忙しいことこの上ないです。

ふむ、隠れてから使うのか。

私「おおおおおおお!被ダメアップなのか!!!」

先生「そう、だから使ってね」

その後、必死でミノタウロス系とか、ワンパンがめっさ痛いグーブーとかに入れて

楽しんで・・・必死だった。orz

ところでミノタウロスのスイングは詠唱あるから逃げられるけど、

グーブーの死ねるワンパンは鬼畜ですよね。







4)活殺自在の使い所・・・?

忍術のリキャがなくなってクリヒットするのか、ふんふん。

よーし、使うぞー、ぽち、えーと範囲だから火遁えーとえーと、

私「ウサギでちゃった☆(ゝω・)vキャピ」

使い所がわかってないので、忍術で慌てます、はい。






5)敵視の上げ下げ

「煙玉」を覚えたぞ!

私「煙玉だー、これって敵視あげるんだっけ?」←ダンジョン進行中でテンパってることだけ言い訳にしておく

先生「敵視下げるから、基本ヒラさんに投げてあげて」

私「わかった!投げてMIPもらうわ!!!」

常に考え方が邪(よこしま)で申し訳ないです。







こんな道中でした。

ご教示くださったFCリーダーは、常に笑っておいででしたので、

楽しんでいただけたかなって思っています。

40階まで行って、残り50階までまだあります。

まだ習得してない未知のスキルがががが。

引き続きお笑いを提供しようかなって、思いました。



 

0 Comments

Leave a comment