桃ぶろぐ

新生FF14・Fenrir鯖でプレイする白魔導士・学者・占星術師のうっかり日記。

画像合成3分クッキング

 
以前、こちらの記事でキャラを切り抜いて背景をボカす画像加工方法を書きましたが、

今日はワンランクアップの合成についてです。

※Photoshopのような本格的画像加工ソフトがある事を前提にしています。

※前回同様、ある程度画像加工アプリを操作したことがある方しかわからない書き方なので、もっと詳しくここが知りたい!って所があればメールなりコメントなりいただければお返事させていただきます。

※Photoshopと似たような事が出来る無料ソフトもあるらしいですが使った事がないので紹介できません。(;^ω^)
 ただし、大体は同じようなメニューコマンド名だと思いますので応用はきくと思いますたぶん。







sono1.jpg

はい、基本素材です。

前回と一緒ですね。手抜きじゃないよ、ほんとだよ。昨日忙しかったん






それでは行ってみよう。

1)1番簡単!スクリーン合成

sono2.jpg

適当に奇麗な合成素材を見つけます。

著作権に注意して探してください。私はフリーの画像素材集を持ってるのでそこから使っているのと、

無料もある素材販売サイトを使ったりしてます。

今日は2種類の合成をご紹介しますが、まず最初の「スクリーン合成」は上にかぶせる素材の背景が「暗い」事が重要です。

このシャボン玉の写真は黒い背景で撮影されているので、非常に合成しやすいサンプルです。

その他よくある黒い背景の素材は、光や、炎などが多いですね。








sono3.jpg

ベースとなるスクリーンショットの上に、合成用の写真を乗せて大きさを一緒にしておきます。








sono4.jpg

あとは超簡単!

上に乗せたシャボン玉のレイヤーを選択してから ←ここ大事

「通常」と書いてあるプルダウンメニューから「スクリーン」を選びます。






sono5.jpg

なんと不思議な!黒い部分だけ抜けて、シャボン玉だけ残っています!

詳細書くと長くなるので割愛しますが

ようは「スクリーン合成とは暗い所を抜いて明るい所を残す」合成だと理解していただければOK。





sono6.jpg

ちょっとシャボン玉がハッキリしていてキャラの邪魔だなーと思ったので、

シャボン玉のレイヤーに少し透明度を設定して、

背景のキャラ画像の彩度を上げて出来上り。

ほーら簡単、3分で出来る。







2)グラデーションで画像を重ねる

さて次は、暗い部分がない画像を合成してみます。

sono11.jpg

こちらの合成用画像は黒い背景ではないので、スクリーン合成しても抜けません。

あと、スクリーン以外にも色んな合成方法があるので試していただければわかるのですが、

うまい具合に花だけ残した感じを作ることが出来ません。






sono12.jpg

じゃあキャラの右側にバラを散らしてみようということで、お花の画像を乗せます。







sono13.jpg

乗せたお花の写真のレイヤーを選択し「レイヤーマスクを追加」ボタンをクリックします。

レイヤーマスクはその名前の通り、レイヤーにマスキングしていらない部分を隠す時に使う機能です。






sono14.jpg

レイヤーマスクをクリックして選択してから、←ここ超大事






sono15.jpg

グラデーションツールに持ち替えて、ピンクの矢印のようにドラッグしてレイヤーマスクにグラデーションを設定します。

ここでうまくグラデーションが引けないという方は、別途解説しますのでリクエストください。これもきちんと説明すると長くなるので割愛。







sono16.jpg

こんな感じでグラデーションの通り、下の画像が透けてきます。






sono17.jpg

ちなみにこのときのレイヤーマスクはこんな感じになっているはずです。







ffxiv_20150920_110915_20150930120148580.jpg

仕上げに、お花の画像がそのままだと唐突過ぎるので、先ほど「スクリーン」にしたところを、

ここでは「オーバーレイ」合成にしてあります。

あとお好みで透明度設定してください。

ロゴっぽい文字を入れると、なんかそれっぽくなりますね!

ロゴは本格的に作るならIllustratorを使いますが、また気が向いたらご紹介してみたいと思います。











ffxiv_20150929_215004.jpg チョコボハーレム

昨日は1〜2層に行こうと思って行けなくて、なんかまた映画見て寝てしまった。

火曜日水曜日で零式やっておいたほうが一週間断然楽なのは解っているので、

今日は頑張る。いつも言ってる


 

0 Comments

Leave a comment